こんにちは!

 

上田市で唯一の慢性腰痛専門院

あいぜんクリニカルルーム院長です。

 

「整形外科でブッロク注射を打ってもらっても効かない・・・」

「接骨院で湿布薬や電気マッサージをしているけど変わらない・・・」

 

493x335_low_back_pain_overview_slideshow

 

このような悩みを抱えた患者さんが当院には多く来院されています。

 

そして多くの患者さんが3院以上通ってみたけど

効果を感じることができなかったと

腰痛の改善を諦めかけているような現状です。

 

一般的に腰痛を治そうと思ったらやはり

まず最初に思い浮かぶのは病院や近所の接骨院でしょう。

 

しかし、これらに通院してもしっかりと

腰痛が完治するというのはとても稀なことです。

 

なぜなら腰痛の原因をそもそも間違えてしまっているからです。

 

整形外科に行くとまずレントゲンやMRIを撮って

 

  • 骨に異常がないか?
  • 神経の圧迫はないか?
  • 骨が潰れていないか?

 

そういった画像から得られるデータを確認します。

 

しかし、これらの検査は急性期の症状を把握するのには

適していても慢性期の症状を把握するのには適していないのです。

 

骨折や打撲の痛みはしばらくすると自然に治ってきますよね?

何ヶ月も何年も打撲の痛みで悩む人はいないと思います。

 

病院では腰痛もそのようないわゆる

ケガと同じような考え方で腰痛を捉えています。

 

なので、注射や湿布でとりあえずその場をしのぐことができれば

痛みは自然になくなると考えているわけですね。

 

しかし実際には長年の腰痛や持病などと言われるように

慢性的な腰痛は何年、何十年といった単位で人々を悩ませているわけです。

 

では、なぜ慢性的な腰痛は引き起こされるのでしょうか?

 

次回、、、

 

腰痛の真犯人に迫ってきいきたいと思います。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

−あいぜんクリニカルルーム

院長 三浦文也

 

 

P.S.

 

5月5日(土)までにお申し込みのご新規様(1日先着3名)

通常初回価格10,000円(初診料2,000円+整体料8,000円)を

初回2,480円の特別価格でお試しいただけます!

 

↓↓↓

 

詳細はコチラから

aizen_weblogo_tate_2