こんにちは!

 

上田市で唯一の腰痛専門院あいぜんクリニカルルーム

院長の三浦文也です。

 

あなたは体の固さについてどう思いますか?

 

体が固くても病気ではないから心配ない。

 

そう思っているかもしれませんね。

 

793

 

しかし、私たち人間はもとはといえば動物です。

 

他の動物と同じように

エサとなる動物を捕まえたり、

肉食動物に食べられないよう

逃げたりしていたわけです。

 

体が動かなくなった動物はどうなるのか?

 

もちろん他の動物の餌食となり

死んでいくしかないわけです。

 

動物にとって動くということは

命に関わる大変重要なことなんですね。

 

なので、多くの遺伝子が

「動くこと」によって

体がきちんと機能するようプログラムされています。

 

人間にとって動くこととはどういうことか?

 

その答えが二足歩行なんです。

 

人間だけができる直立二足歩行。

 

人間にとって動く=歩くことを指します。

 

つまり、私たちにとって

歩けなくなるということは

そのまま体の機能がきちんと働かなくなる

ということにつながります。

 

その影響は全身に及びますので

ただ歩けないというだけでなく、

体の痛みや不調というものが出てきます。

 

風邪などで体調を崩したときに

1日寝ていると腰が痛くなりませんか?

 

動かないことで簡単に体の調子は崩れていきます。

 

1日ならまだしも、2日、3日となると

それはより大きく出てきます。

 

腰痛だったり、肩・首のコリ程度ならまだしも

内臓の病気や心の病気など

さまざまな影響が考えられるため

やはり動くことはとっても重要ですね。

 

毎日車通勤でドアからドア。

 

まとまった時間歩いていることがない人は要注意です。

 

慢性腰痛の根本改善は

生活習慣の見直しがキーポイント!

 

まずは5分でも10分でも歩いてみましょう!

 

本日もありがとうございました。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

−あいぜんクリニカルルーム

院長 三浦文也

 

 

P.S.

 

3月31日(金)までにお申し込みのご新規様(1日先着3名)

通常初回価格10,000円(初診料2,000円+整体料8,000円)を

初回2,480円の特別価格でお試しいただけます!

 

↓↓↓

 

詳細はコチラから

aizen_weblogo_tate_2