from:三浦文也

上田市で唯一の慢性腰痛専門整体院あいぜんクリニカルルームのデスクから、、、

上田市で唯一の慢性腰痛専門整体院あいぜんクリニカルルーム院長三浦の写真

 

本日は病院では教えてくれない

変形性膝関節症のメカニズムについて

↓↓↓↓

 

膝関節症は内ももの筋肉が改善のポイント

膝の痛みのご相談も本当に多いのですが

特に高齢者では変形膝関節症ということを

言われる場合が多いです。

 

これは簡単にいうと

膝が外側に曲がってきて

膝の内側が痛くなってくる状態です。

 

変形性膝関節症 痛み 

 

痛みの原因として軟骨がすり減ってるからと言われ

ももの前側の筋肉を鍛えるように言われることが多いです。

 

が、実際にはももの前をいくら鍛えても

痛みは改善されないことが多いのです!!

 

(これは実際に多くの医療従事者が実感していることだと思います・・・)

 

これは前回のブログ記事でもお伝えしましたが

膝に負担がかかる原因は膝だけでないからです。

 

なぜ外側に膝が引っ張られているのか?

 

ここを明らかにしないといけないわけです。

 

ポイントは膝だけでなく

股関節とつながる内側の筋肉です。

 

具体的には

ハムストリングスの内側と内転筋

という筋肉が重要です。

 

ここを鍛えていかないと

ももの前側の筋肉もバランスよく働かないのです!

 

詳しくは動画をご覧くださいね!!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

−あいぜんクリニカルルーム

院長 三浦文也

 

 

P.S.

 

あいぜんクリニカルルーム院長初の著書

【書籍】坐骨神経痛・腰痛を自分で治せる本!

無料でプレゼント中です↓↓↓

坐骨神経痛・腰痛を自分で治せる書籍 お求めページへ

※クリックした先のページで

ご入力して頂いたメールアドレスにお送りいたします。

 

 

 

 

PPS.

 

LINE@友達なら24時間いつでも気軽に相談予約できます!

健康情報や予約状況もご確認いただけますので

今すぐ下のボタンを押してご登録くださいね!!

 

lineyoyaku1

 

 

 

 

PPPS

 

 

ご新規様限定キャンペーンを先着3名様まで実施中!

通常初回価格10,000円(初診料2,000円+整体料8,000円)を

初回2,980円の特別価格でお試しいただけます!

 

↓↓↓

 

詳細はコチラから

aizen_weblogo_tate_2